Ganjapon - グランジャポン

Something Special ~おいしいのその先に~

三浦ユーク「ワイン片手に何を作ろう」
ワインと料理と集い

ワインと料理と集い
三浦ユーク

三浦ユーク

sopa i vida 統括兼メニュー開発責任者、料理研究家。企業レシピ考案、テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。

料理は感動と幸せを感じられるエンターテイメント。
グランジャポン・ソパイヴィダ統括マネージャー、料理研究家の三浦ユークです。

大切な仲間や家族が集まる場所には、お気に入りのお酒があり、それに合わせた料理があり、語らいと笑顔があることが人生の楽しみでもあります。

ひとり旅や、ひとりの時間も好きなのですが、やはり見たものや感じたことを共有する人がいるともっと楽しいし、記憶にも残ります。

また、共有した人と別の場所で集まった時にその時の話しができたり、「あの時は〇〇だったよね」「実は〇〇だったんだ」など、感じたことの振り返りや確認、新事実発覚!?と、話題は尽きませんよね。

先日、私のことを「坊ちゃん」と呼んでくれる人生の大先輩が「最近のことはあまり思い出せないが、食べた料理を思い出すとその時の状況が浮かんでくる」とおっしゃっていました。舌の記憶から、他の記憶が引き出されてくる。人間って面白いなと思いました。

いつの時代も「寝食を共にする」「同じ釜の飯を食う」など、食を通した共有は人にとって切っても切れないことですよね。食はただ栄養を摂ることだけではなく、そこに人が集えば喜怒哀楽が生まれ、ドラマが起こり、新たな発見や出逢いに繋がる。その時の気持ちや雰囲気で味も変わったりする。食って本当にエンターテインメントだなと感じています。

共に時間を過ごす大切さ。それがほんのひと時でも人生の記憶に、物事のきっかになったりする。

改めてそう強く感じさせてくれたことが、昨年2023年4月より、あざみ野ソパイヴィダにて金曜限定でスタートしたスペインバル営業 vino y vida「ワインと人生」です。

「vino y vida ヴィノイヴィダ」
~ワインと人生~

!Buenas noches!(こんばんは!)
今宵あなたをスペインの街へ

スペインのBAR(バル)
街に佇み人々を見守る

家に帰る前の1杯、2杯、3杯…
うまいスペインワインとつまみがあれば
そこには最高の乾杯がある!

sopa i vidaソパイヴィダでのスペインバル夜営業

3か月毎にスペイン各地域をテーマに巡ります。
2023年
4月〜6月「スペイン北東部編・バルセロナ&バスク 」
7月~9月「スペイン地中海編・バレンシア&アンダルシア」
10月~12月「スペイン北西部編・ガリシア、アストゥリアス、カンタブリア」
2024年
1月~3月「スペイン中央部・カスティーリャ・イ・レオン、ラ・マンチャ」

その土地のおいしいスペインワインを
👤ワインエキスパートの常田諭史がセレクト。

ワインに合わせた小粋なタパス(つまみ)を
👤sopa i vidaシェフの三浦ユークがご用意致します。

また、3か月の最終金曜日は総集編のプレミアムフライデー企画
~スペインワインと旬食材を楽しむ会~
完全予約制にてスペインワインとタパスのペアリングをお楽しみいただく、贅沢な一夜を開催致します。

一緒にスペイン旅へ出掛けましょう。

振り返り

1年を通して様々なことをお客様から、料理から、ワインから学ばせていただきました。

スペイン各地域の厳選ワインに合わせる、旬食材や地元青葉区の野菜を取り入れたタパスをはじめ、各地域の郷土料理…

ガリシアのパイ「エンパナーダ」。お客様からも好評で、お持ち帰りもご要望多数でした。

カタルーニャのスープ「ソパ・デ・ガレッツ」。大きなシェル型パスタに肉詰めした「おつまみにもなるスープ」。お客様のお声から、今ではソパイヴィダの定番メニューに!

お酒が進むスペインバルの定番タパスも…

スペイン風バケットサンド「ボカディージョ」

揚げじゃがにピリ辛トマトソースとアリオリソース「パタタス・ブラバス」

時には遊び心で創作料理も…

バスクのタパスをヒントに作ったとっても手間がかかる(汗)「わかさぎのお昼寝」

ある常連のお客様が好きそうだな、求めてそうだな、と勝手にイメージして作った「背徳のいくらバター」。ご提供時には「こんなの食べたら痛風になりますよ、気を付けて下さい」と、お客様の身体のことに気遣いつつ、今日ぐらいは大丈夫!という思いでお出ししました。

料理も、ワインも、組み合わせも、お客様の反応や雰囲気をみて、常にアップデートしてきました。せざるを得ないというか、したいというか。楽しんでもらいたい、会話のきっかになってもらいたい。それぞれに想いを込めてご提供しております。

大変嬉しいことに、お酒や料理をしっかりと味わっていただき、ご感想もいただけるお客様ばかりなのでとても励みになっています。お客様との物理的な距離が近いのもバルスタイルの醍醐味ですね。

「この前のあれはうまかったよ」「いつものやつ」「やっぱりこれ」と嬉しいお言葉をいただき、お客様の記憶に残る体験を提供できる喜び、それを共有できるって、何気ないことですがとっても幸せなことだったりするなと。

改めて、食がある集いは面白いと感じています。

ぜひ金曜の夜はふらりと集いにいらして下さい。
あの場所には、あのワインがある、あの料理がある、あの話題がある、あの人がいる…。

今後のバル営業スケジュール

2024年4月からのバル営業は新たなテーマでお客様をお出迎え!ご期待下さい。

営業日時:平日金曜限定 18:00-22:00
2024年
・4月:5(金)・12(金)・19(金)・26(金)
・5月:10(金)・ 31(金)
・6月:7(金)・14(金)・21(金)
・6月28日(金) 19:00-22:00
※予約制・定員8名様「ペアリングディナー会プレミアムフライデー vol.57」

場所:横浜あざみ野 sopa i vida ソパイヴィダ
〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野2丁目9−1 あざみ野駅前第二ビル 1-E
田園都市線・市営地下鉄ブルーライン「あざみ野」駅より徒歩1分

───────────
sopa i vidaのコンセプト
───────────

「人生にスパイスを」

日々の暮らしの中で、晴れの日も雨の日も、ご機嫌な時も落ち込んだ時も、sopa i vida のスープが活力になれたら。人生の上り坂も下り坂も力強く歩いていけるように、心を込めて作ったスープにひとつまみのスパイス(愛情/笑顔)を加えてお客様にお届けします。

地元の皆様と一緒にsopa i vidaを創り上げていき、お客様にスープを通して季節やちょっとした幸せを感じていただきたいという気持ちで心を込めてお作りします。オープンの12:00よりスペインワインやクラフトビール、ちょっとしたおつまみもお楽しみいただけます。ご来店心よりお待ちしております。

sopa i vida

〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野2丁目9−1 あざみ野駅前第二ビル 1-E
田園都市線・市営地下鉄ブルーライン「あざみ野」駅より徒歩1分

OPEN : Mon. – Fri. 12:00 – 19:00
※15:00-16:00 CLOSED
※金曜のみ 18:00-22:00 バル営業
※定休日:土/日/祝 ※イベント時は不定期オープン(公式インスタグラムをご確認下さい)
※イートイン / お持ち帰りご利用いただけます。
※当店はキャッシュレス決済でのお会計をお願いしております。

sopa i vida公式Instagram

イベント、金曜バル、メニュー紹介、地域や環境への取り組みなどを発信。是非フォローお願いします。

三浦ユーク

三浦ユーク

sopa i vida 統括兼メニュー開発責任者、料理研究家。企業レシピ考案、テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。

カテゴリ:

タグ:, , ,

© 2006 Granjapon.