Ganjapon - グランジャポン

Something Special ~おいしいのその先に~

納堂友幸「情熱のアンダルシアワインde乾杯!」
シェリーって…何?(前編)

シェリーって…何?(前編)
納堂友幸

納堂友幸

スペインバルの店長として約15年勤め、2021年よりアンダルシア州政府公認の「初代アンダルシアワイン・アンバサダー」に就任。ソムリエ、公式ベネンシアドール、日本ワイン検定1級を持つ。スペイン業界の赤い彗星。

はじめまして!アンダルシアワイン・アンバサダーの納堂友幸と申します!
今回より、グランジャポンさんのコラムに参加させて頂くことになりました!
まだまだ日本では馴染みの少ないアンダルシアワインですが、楽しく!分かりやすく!情熱的に?ご紹介していきますので、お付き合いの程、どうぞ宜しくお願い致します!

さて、第1回目のテーマは、アンダルシアワインの絶対的エースと言えば、やっぱり「シェリー」です!
なのに、まだ日本ではあまり知られていないのが現実だと思います、、、残念ながら。
私がスペインバルで働いていた頃時に、多くの方から受けたご質問は、「シェリーって、何?」でした。
なので、第1回目の今回は、私が今まで体験した、『シェリー質問あるあるベスト3』を選んで、お答えしていきたいと思います!

シェリー質問あるある 第1位『シェリーって、何?』

シェリーは、一言でいえば『ヘレス産の白ワイン』です!
もう少し説明しますと、アンダルシアのヘレスという地域で作られる、熟成させた白ワインなんです。
この熟成のさせ方に特徴があり『ソレラ・システム』という、毎年出来たワインを注ぎ足しながら熟成させます。(例えて言うなら、老舗のうなぎ屋さんのタレのようなイメージ)
これにより、シェリー特有の風味と安定した味わいが生まれて来ます。
もっと詳しく話したいところですが、長文になり過ぎてコラムじゃなくなってしまうので、今回は、ざっくりとこの辺までにしておきましょう。

シェリー質問あるある 第2位『シェリーって、食前酒でしょ?』

これも、よく受けた質問ですね。日本の国賓の晩餐会では、食前酒としてシェリーが提供されているそうなので、こういったイメージがついたのかもしれませんが、シェリーは、食前酒だけではありません!
食中から食後までしっかり楽しめ、特におすすめなのは、食中酒として楽しむシェリー!今後、シェリーと料理の楽しみ方についても書いていきますので乞うご期待です!

シェリー質問あるある 第3位『シェリー飲んだら、悪酔いするんでしょ?』

いいえ、そんなことはありません!シェリーは、逆に『ワインの中でも二日酔いしにくいワイン』なんです!(もちろん飲み過ぎたらダメですよ!^^;)
確かに普通のワインに比べるとシェリーのアルコール度数は、ちょっと高めなので、誤解されがちなんですが、アルコール度数が高い=悪酔いや二日酔いするという訳ではないんです。
自分の経験談ですが、アルコール度数が低くても若いフレッシュなワインは一晩で1本飲むのが限界で、結構次の日も残りますが、シェリーなら1.5本はいけます!翌日も全然平気です!(実話)
アルコール分解のメカニズムは、もっと複雑で、これを説明すると、これまた長文になり過ぎてしまうので、今回は、「シェリーは二日酔いしにくいお酒」とだけ覚えて頂ければと思います。

お得なシェリー3本セット!

私のコラム開始を記念致しまして、3タイプのシェリーが楽しめるお得なシェリー3本セットをグランジャポンさんのサイトでも、ご購入すること出来るようになりました!(^^)
今回、ご用意いたしましたシェリーは、アンダルシア南西部の海沿いの街サンルーカル・デ・バラメーダにある『バロン社』が造る『ミカエラシリーズ』です!
こちらのシェリーは、先ず、ラベルがとてもポップでキレイで、味わいの方もバランスの良い優しい飲み口が魅力です!まだシェリーを一度も、飲まれたことの無い方に、シェリー入門編として特にオススメです!和食との相性もバツグンに良いので、ご家庭の料理と共に気軽にお楽しみ頂ければと思います!

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします! 次回「シェリーって…何?(後編)」をお楽しみに!
¡Vamos a KANPAI!Salud!(^o^)/▽☆

カテゴリ:

タグ:

  • 関連記事はまだありません。

© 2006 Granjapon.