Ganjapon - グランジャポン

Something Special ~おいしいのその先に~

三浦ユーク「ワイン片手に何を作ろう」
ビール片手に「イカのフリット Calamares Fritos」

ビール片手に「イカのフリット Calamares Fritos」
三浦ユーク

三浦ユーク

料理研究家。企業レシピ考案、テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。『キッチン男子部』部長。

料理は感動と幸せを感じられるエンターテイメント。夏はよく冷やしたロゼや白ワインにお刺身が定番で、ついつい飲み過ぎてしまう料理研究家の三浦ユークです。

こちらのコラムでは毎回ワイン片手におうちでゆったりと作れるレシピをご紹介しております。
ワインだけでも、料理だけでもおいしいけど、ペアリングすることでお互いの良さを引き出してくれる…まさに夫婦のような、恋人同士のような組み合わせを探求しております!…独身ですが。…食を通して心と胃袋が喜ぶひとときを♪

3rd.dish:ビール片手に「イカのフリット Calamares Fritos」

スペインのバルでは定番、サクッとした衣とうま味たっぷりのイカフリット。にんにく香るアリオリソースに付けて食べるのがバルスタイル。

冒頭ではワイン片手に…と言っておきながら、今回はメニュー的にもどうしても「ビール」が飲みたくなってしまったので、スペインでもっとも売れている大人気のビール、mahouマオウ「シンコ・エストレージャス」をチョイスしました!「シンコ=5」「エストレージャス=星」☆☆☆☆☆5つ星ビールです!

ビール以外にはキンキンに冷やした軽やかなロゼ・カヴァと合わせてもオススメですよ。

せっかくペアリングがマオウ「シンコ・エストレージャス」なのでフリットの衣にも使ってしまいましょう!
天ぷらの衣では水の代わりに炭酸水を使うと気泡が入り、サクッと揚がることはよく知られるようになってきましたね。ビールも同じ原理です。フリット衣に使うことでサクッと揚がり、さらに芳ばしい風味も付きます。アルコールは揚げていると気化するので、アルコール臭は一切しません。揚げたては最高においしいのでビールが手放せなくなりますよ!

【レシピで使用している商品】

【材料(4人分)】

  • するめイカ:2杯
  • 【A】薄力粉・酒:各大さじ1
  • 【A】塩:小さじ¼
  • 【A】SAL de IBIZA 塩の花:小さじ¼
  • 薄力粉:適量
  • 【B】マオウ・シンコ・エストレージャス:100ml
  • 【B】薄力粉:80g
  • 揚げ油(ピュアオリーブオイル使用):適量
  • アリオリソース:(マヨネーズ:大さじ1、EXVオリーブオイル:大さじ½、牛乳:大さじ½、にんにく(すりおろし):小さじ½、塩:少々、砂糖:少々を混ぜ合わせる)
  • レモン:1個(半分に切る)

【作り方】

1. 下ごしらえをする・材料を切る

するめイカは内蔵と軟骨を取り除き、皮を剥く。胴を輪切りにする。ゲソは食べやすい大きさに切る。【A】を揉み込み冷蔵庫に10分置いてから水洗いをし、水気を拭く(下ごしらえをすることで臭みが取れ、下味も付きます)。

2. 衣を付ける

切ったイカに薄力粉をまぶし、混ぜ合わせた【B】の衣を付ける。

3. 注ぐ

余ってしまったマオウ「シンコ・エストレージャス」は出来上がるまでにぬるくなってしまうので、作りながらおいしく飲みましょう。

4. 揚げる

180度に熱した揚げ油で衣の色が変わるまで揚げる(10~20秒程度)。油を切る。

5. 盛り付ける

器に盛り付け、アリオリソース、レモンを添えて完成!マオウ「シンコ・エストレージャス」とともに¡Salud!サルゥッ!(乾杯!)

レシピサイト「Granjapon Kitchen」からも作り方をご覧いただけます

揚げ物は掃除や後処理が大変ですが、それを凌駕する揚げ物ならではのサクッとしたおいしさ、ジューシーさが楽しめます。たまにはビール片手にのんびり作る時間も贅沢ですし、なにより揚げたてを頬張り、ビールを流し込む至福の瞬間はsomething special!是非作ってみて下さいね。

少しの手間で日常の食卓にちょっとした幸せを。

三浦ユーク

三浦ユーク

料理研究家。企業レシピ考案、テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。『キッチン男子部』部長。

© 2006 Granjapon.