WEB版GRANJAPON PRESS~2016年2月1日号~

【Naipe (ナイペ)】

皆さまこんにちは!
Como estais? (お元気ですか?)

今回はスペインの伝統的なトランプ(ナイペ)についてお話をします。
スペイン人がトランプをするとき、スペイン特有のカードを使ってゲームをしているのをご存知でしたか。

そのトランプの名前は「naipe ナイペ」です。
日本で使われている一般的な52枚のトランプと違い、枚数は40枚で、1~9の数字と3種類の絵柄、ソタ(王子)・カバージョ(騎兵)・レイ(王)で構成されています。
中世では女妃の絵柄も存在したそうですが、当時の男尊女卑によって外されたそうです。

スートは「剣・聖杯・棍棒・貨幣」の四つです。実はこれが今のトランプ「スペード・ハート・クローバー・ダイヤ」のルーツであり、一般的なのトランプは印刷を容易にするため、簡略化したものです。

スートにはそれぞれ意味があります。
・剣は騎士
・聖杯は聖職者
・棍棒は農民
・貨幣は貴族
を表しています。

 

また、一番普及しているゲームが「ムス」と言い、ポーカー同様、何かを賭けて勝負するので、はまってしまいバルやカフェで何時間もこのゲームをやっている人もいます。
修学旅行では定番のカードゲームです。過去に、私がスペインで暮らしていたころ、ババ抜きを友達に教えたことがありました。しかし、肝心のジョーカーが無いため、ジジ抜きに急遽変更になりました。
以外と知られていないので、スペインのお土産として行かれた際は誰かにプレゼントしてみてください!


ご登録はお済みですか? お得な最新情報を毎月配信!

スペイン通のスタッフコラムも大人気!
グランジャポン会員メールマガジン
ご登録はこちら