Te gusto?

こんにちは。
先週はcapicuaブランドの小林みづほさんのレセプションパーティーがあり、
スペイン語を勉強するスタッフとみづほさんとのつかの間の雑談で、
スペイン人にはわからない擬音語についてで盛り上がりました。
日本語、例えば、「ぷにゅ、ぷにゅ」や「さらさら」は
音だけでどのようなものか伝わらないそうです。
さて、皆さんならばどのように説明しますか??

さてさて、Eテレの「テレビでスペイン語」
録画をしておき、息子をおんぶしながらタイミングを見ては
「再生」「一時停止」「停止」のボタンを駆使して見ております。
が、そろそろ毎回の繋がりが微妙になって参りました。
トホホ。

今回の表現はコレ
Me gusta cocinar
(私は料理をするのが好きです)
出ました!gustar動詞。
文法的に上記の文を日本語に当てて考えると、
「料理をすることは私に気に入る」
みたいなことに(なっちゃいます)。
和訳では「私は料理(をすること)が好きです」という感じ。
このgustar動詞の文法的な部分は深いところまでありますので、
ここでの私の稚拙な解説は割愛させていただきますね。(逃げた?)

私自身gustarに関しては、殆ど自分が好きなものを指して
「Me gusta(n)+好きなもの 」でしか使ったことがありませんでした。
「アタシこれ好き〜」といった一方的なカンジだと認識はしております。ホホ。
もしくは、かろうじて心に余裕がある時には「Te gusta(n)?」
と、「アナタコレハスキデスカ〜?」最低限の相手への気遣いで使います。ホホホ。

番組内で平さん(生徒役)への質問で
Te gusto?
というものがありました。
一瞬「え?」と思考停止です。えーと、えーと…
答えは「(あなたは)私のこと好き?」と。
Me gustas.「(私は)あなたが好きです」
Le gustas.「彼はあなたが好きです」
この人称活用を使ったパターンは、イチイチ思考停止になってしまいます。
さすが、番組ではこういったところも押さえてくれますね。

さて、文法的なことで英語よりも苦労することも多いスペイン語ですが、
スペイン語は多少間違えても許されるような気がするのは私だけでしょうか。
間違うことを恐れて言わないよりも、とりあえず何か言ってみたら拾ってもらえるような。
許されるような気にさせてくれるスペイン語(話す人々)に感謝です!
(だから、私はなかなか上達しないしないのでしょうね〜ほほほ)

これからも細々と長く勉強を続けていきたいと思います。
良い勉強法などあれば是非教えてくださいね。

AYAKO