in Hakodate

4月21日『スペイン料理フォーラムin Hakodate』が函館にて開催され、グランジャポンも今回初めて見本市への出店、またスペイン料理フォーラムでの講演を聞きに行って参りました。

IMG_6107フォーラムの前日はバル街ではしご酒のイベントがありました。76店舗ものお店が参加されるという、街一丸となったイベントでした。函館に到着後、軽く打ち合わせをし、バル街へvamos!!
函館の街並みやバル街に酔いしれ、少々写真撮影のタイミングを逸してしまいましたが、仲間との熱い語らいの場所、なのに騒がしいわけではない大人の落ち着いた雰囲気が心地よく、とても楽しめました。

 

 

 

 

 

 

IMG_6113[8]IMG_6114[8]フォーラム当日。(前日のはしご酒もなんのその)朝からグランジャポンブースの設営を行いました。ANETOスープ、紅茶、コラカオ、パテなど、来場の方々へ心を込めてきちんとアピールができるよう考試行錯誤。ポップや商品パンフレットの制作を始め、どのように試飲試食していただくのかのアイディア、それらを函館へと送りだす荷造り、スタッフ皆で創り上げたブースです。

今回はレストランを始めとする、スペイン業界の方々も多く、ANETOパエリャスープそのものを試飲していただいたり、ジョセップさんのレシピを再現したカルドソを試食いただいたりしました。
IMG_6118

IMG_6122お客様とお話した際に、なんとお蕎麦屋さんで最後の〆のお茶として弊社の商品をご検討いただけるというお話もあり、一見スペインと関係の無いお店でもお客様に喜んでいただける商品なのだと思うと、とても光栄で嬉しく思いました。

また、今回、スペインの国民的ドリンクとも言えるコラカオを知っている方々が非常に多かったのは、さすがスペインフォーラムならでわです。新商品としてコラカオトゥーボという、コラカオ一回分が一袋ずつ入った商品が近々販売開始をするのですが、ご家庭はもちろんのこと、日本中のスペインBARに置かれる日も近いのではないかと期待が膨らみました。

 

IMG_6125写真[1]ジョセップさんのレシピで試食用のカルドソを作ろうとしたところ、急遽ご本人が腕を奮ってくださることに。とても有り難かったです。ジョセップさんの気さくなお人柄にグランジャポンはいつも助けられています。

 

 

 

 

 

 

IMG_6116フォーラムでは日本のトップシェフが集まり、スペイン料理についてそれぞれの考えを述べられていました。私の中で今回一番印象深かったことは、いわゆる日本人的な「予定調和」で終わることのないディスカッションだったということ。各シェフそれぞれのスペイン料理に対する哲学・考え方を良い意味で他と合わせることなく、とても自由に、かつ聞いている側に「自分はどうだろう?何が好きなんだろう?」と考える機会を与えてくれる、そんな時間でした。しかし、やはりトップシェフとなると、皆さん非常に強い個性をお持ちですね!!

 

IMG_6126写真 4

ルイス・イリサール料理学校のホセチョ氏のバスク料理のお話はとても具体的な内容で、歴史はもとより実際の食材からピンチョスの組み合わせのお話まで全て楽しく聞かせていただきました。

 

実行委員会代表である深谷さんの「一番大事なのは、buena cocina(美味しい料理)であること」という言葉で締めくくられて会は終了。今回、色々なお話を聞くことができましたが、おっしゃる通り、最後に行き着く先はシンプルにそうなのだと思います。食べて「美味しい!」それ以上も以下も無い、それが全てですよね!!

AYAKO