El Roscon de Reyes (ロスコン・デ・レジェス)

皆さん「Roscon de Reyes」というお菓子をご存知でしょうか?
スペイン、南米以外ではキングケーキ(英)又はガレット・デ・ロア(仏)とも呼ばれています。

Roscon de Reyes が何なのかを説明する前に、スペインのクリスマス最後の日、1月6日についてお話しします。
1月6日はスペインでは祝日、「東方の三賢者の日(dia de los Reyes Magos)」です。
東方の三賢者とは、新約聖書に登場し、誕生したイエスキリストに贈り物を渡した三人の賢者(王様)のことです。

聖書のこのエピソードが元となり、今でもスペインの子供たちはクリスマスプレゼントは12月25日ではなく1月6日に受け取るのです。
勿論大人もプレゼント交換をします。また、この影響を受けてセールも1月7日からです。

そしてこの日にRoscon de Reyes (王様のお菓子)を食べる習慣があります。
外見はドーナツ型のスポンジケーキみたいで、生クリームか、チョコレートクリームを挟むように水平にカットされており、砂糖漬けのフルーツでトッピングされています。
普通のお菓子と違うところは、中に小さいギフトと空豆が入っているところです。
ギフトが当たった人はその年は幸運に恵まれ、空豆が当たった人はRoscon代を払わなければいけません。
しかし、地方によって逆だったりもしますので当たる前に話をつけておかないと後で大変なことになりますのでご注意ください。

Rosconの面白いところは、たま~に生クリームから「なにかが」見えている時です。私が子供のころは真っ先にそこを狙っていましたがほぼ空豆でした。
日本ではまだ見たことないRoscon de Reyes. スペインでは今Rosconの大安売りでしょう。

今年は久しぶりにスペイン人と共に1月6日をお祝いしました。一つプレゼントを持って行かなければいけなかったのでコラカオを持って行ったら皆大喜び。
写真まで撮っていました。
そして肝心のRosconはカフェのドーナツでした・・・笑 (MASA)