スペイン出張vol17「最後の最後でアクシデント 其の壱」 by Machiko

  cincplatsでの1皿。いわし。お洒落&美味
無事帰国しました。いや、「無事」ではなかったです。
最後の最後でアクシデント続き・・・
21(土)。いよいよスペインを発つ朝。
パリ行の飛行機に乗るなり緊張が切れ爆睡。しばらくして目が覚め1時間以上経っていたので、
「あ~そろそろパリかな」
と外を見ると、まだ地面!!!
え?!まだ出発していないの?
機材の故障で、飛び立たず、結局乗客全員下ろされました。
そして、他の便に乗り換えるのかと思ったらキャンセル。改めて予約の取り直しになりました。
再度予約する乗客の長い列。それでも相変わらずのんびりペースで一向に列が短くならない窓口。拙いスペイン語でもたもたやっていたらチケット買えないぞと脂汗が。週明けまで滞在予定でまだスペインに残っているMASAさんに空港に来てもらい、並ぶこと3時間程。同日夕方の便を取ることが出来ました。
夕方まで時間を潰して、再び出国の時刻が。
MASAさんに今度こそはまたねと別れを告げ、手荷物カウンターへ。
続く・・・

スペイン出張vol.16 「Pordamsa」 byMASA

Buenos dias!!

 


金曜日、出張最後の工場視察はPordamsaという磁器製品の工場でした!



バルセロナから一時間半、北の方、ジローナという場所にあります。


 


全ての商品は純白。デザインがユニークでそのうえシンプルという食器の数々。どんなスタイルでもきっとお気に入りのものが見つかるはずです!



違うラインの商品同士でも組み合わせられる為、オリジナルのコンビネーションを作れるところがすごく魅力的で遊び心をくすぐります。


 


自然をモチーフにしているものが多く、型の多くは天然石や植物、動物由来(うにの殻や貝殻)等、自然そのものを再現しているのもあります。



グルメレストランには欠かせない食器です!


 


いくつか買いたいものがありましたが、やはり帰国の際に壊してしまうのを恐れて買いませんでした・・・今は後悔しています。グランジャポンで是非取扱いたいと思っていますのでお楽しみに!


  


以上、スペイン出張中のブログでした!


お読みになって下さった皆様、本当にありがとうございました!



また、ブログに乗っていない出来事も色々あります、アップできなくて申し訳ございません。



今回のスペイン出張では、私自身、いろいろ学び、経験することができました。そして、グランジャポンが取り扱っている商品の理解を深めることができたと思います。



最後に、この出張でお世話になった皆様、お知り合いになった皆様に心を込めて感謝しています。


 


スペイン出張番外編あるかもしれないです!

スペイン出張vol.15 「cinc plats」 byMASA


今晩は、Cinc platsでの夕食でした



このレストランはスペインで和食を広めた山下さんが経営している6店舗ある
レストランのうちの一店です。
唯一和食レストランではなくスペインレストランです。
Cinc platsでは他のレストランでは滅多にない6J(最高級)の生ハムが食べられます!
どんぐりをたくさん食べたイベリコ豚です!


 


前日は同じ山下グループの「やしま」で。こちらではとても新鮮な食材で、骨まで食べられる舌平目の天ぷらなど「日本では食べられない日本の味」を見つけることができました。


 
山下夫妻にもお会いし、色々なお話しを伺うことが出来ました。
店舗制覇するまであと4店舗。またバルセロナに来る楽しみが増えました。

P1040279.JPG

スペイン出張vol.14「ランチはかたつむりとうさぎ」 by Machiko

 
新しい取引先とのミーティングの後は、ランチにお招き頂きました。
ローカルなレストラン。
「カラコレス(かたつむり)が有名ですがどうですか?」
と、聞かれ、
「喜んで!」
と答えると、
「勇気があるね!」
と、言われました。
昔から、何でも食べたい方です。
旅先から帰って、変わった物を食べたと自慢すると、家族や友人に
「そんなもの食べて!」
とか
「よくお金払ってまでそんなもの食べるね」
と半ばあきれられ、日本人は保守的だな~と思っていましたが、別に日本人とか関係ないんだなと思いました。
日本では愛玩用というイメージが強いウサギ肉も、スペインでは鶏肉感覚で食べます。日本では食べられない物を食べたかったので、メインはウサギ肉にしました。
昨年の日本の震災、津波、原発のこと、スペインの経済不況の話しから家族のことまで約2時間。ゆったりランチや会話を楽しむスペインの食習慣も大好きです。
実りあるジェイダ訪問でした。

スペイン出張vol.13「新商品の開拓」 by Machiko

スペイン出張4日目。今日は新しい商品検討の工場視察とミーティングでした。
 
バルセロナ中心部から高速鉄道AVEで約1時間。ジェイダ(LLEIDA)という街に会社(工場)がありました。
担当のモイセスが駅まで迎えに来て下さいました。彼の笑顔を見た瞬間、この商談はうまくいくのではないかと直感しました。
主にジェイダで取れた果物をピューレ状にして原料として販売したり(それをジュース等にして商品化する)、パッキングしてヨーグルトのように販売したりしています。
非常に商品にプライドを持っていて、考え方がANETO社と良く似ていました。ボスのロダンも、電話での印象とは違ってとっても優しい目をした方で、話しをしていく中で是非一緒に仕事をしたいと感じました。
大量生産で一気に流通させるのではなく、少しずつ大切に扱ってくれる日本の輸入元と取引をしたいと思い、カタルーニャ州政府を通して弊社を紹介してもらったとのこと。非常に光栄に思いました。
工場視察や試食をし、こちらの要望をお伝えしました。
 
この秋を目標に、販売をしたいと思います。また詳細は随時お伝えします。

スペイン出張vol.12「Nutrexpa社訪問」 by Machiko

 今回も沢山のプロモーショングッズをお土産に頂きました
スペイン3日目はNutrexpa社でのミーティングでした。
国際営業部担当のジェローニもルシアも全然変わっていませんでした。かれこれもう7、8年のお付き合いになります。会うとホッとします。
日本での販売状況や改善して欲しい点等を意見交換しました。
6月の中旬にNut社より中国に新しく出来たショールームにご招待頂きました。スペイン出張前ということもあり残念ながら行けなかったのですが、聞けばとっても素晴らしい所のようで、次回は是非訪問したいと思いました。
テ・コンミエルをスーパーマーケットで見つけ、日本での販売を希望して飛び込んだNutrexpa社。グランジャポンの原点の地で、今回も有意義なミーティングが出来たと思います。それをお客様に返していけるよう頑張ります。

スペイン出張vol.11 「Els Casals」 byMASA

Buenas Tardes!!

  


ANETO社での打ち合わせの後は、お世話になっている玉川学園のカタルーニャ厨房カサマイアさんのオーナーシェフが6年間パティシエを務めていらしたレストランへ行ってまいりました!


 


バルセロナという都会から離れ、ピレネー山脈から一時間もない場所にあるEls Casals(エルス・カサルス)。



なんと、ミシュランガイド一つ星レストランです!!人生で初めてこのようなレストランでお食事をさせて頂きました。



多くの調理する野菜、肉、ソーセージ類は自家製。自分たちで作り、自分たちで調理しています。シンプルで身近にある素材を使って、見たこともないような盛り付けの発想、味わったこともない美味しさに本当に感動しました。


 


注文したのはコースメニュー、前菜が3品、メインが6品そして、デザートが2品。最後にマカロンまで出てきました。味も全く被ることなく、楽しさと美味しさの3時間半。



最後にシェフ、オリオールさんやパティシエあやさん等チーム皆さんに挨拶に行きました!
皆とてもフレンドリーでまるで「家族」を見ているようでした。綺麗に磨き上げられた厨房も見せて頂き感動しました。


宿泊もできるそうですので、次回は是非泊まりたいと思っています。


85日から、カサマイヤさん、酒類商社キムラさん、そしてグランジャポンとのコラボレーション、「スペインの食とワインを楽しむセミナー」が開催されます。
第1回目のテーマは「カタルーニャ」。
お陰様で満席になりました!ありがとうございます!次回は11/11。テーマはガリシア&バスク。詳細はまたご案内致します。

スペイン出張vol.10「ANETO社訪問」 by Machiko


 お馴染のタータンチェックがお出迎え
バルセロナ中心から北北西に約100キロ。ANETO社に到着。取引を始めた時から「是非工場を見に来て欲しい」と言われており、約1年半経っての念願の訪問。
1960年代に建てられた建物は、昔ながらのスペイン、という素朴さがありながらも、可愛いディスプレイが随所に見られて遊びゴゴロいっぱいでした。


 
まずは工場視察。
スープを作る部門は、まさに
「ホテルの厨房」
見るからに新鮮な野菜は手作業で綺麗に剪定され、肉や野菜と一緒にグツグツと煮込まれていました。添加物が一切使われていないことが良くわかりました。
出来たスープは完全にオートメーション化されたハイテク機械で無菌状態でパッキングされ、まさに
MASAさんが言うように
「伝統的・家庭的な調理法を守りハイテク技術でサポートしている真逆の調和」
でした。
品質管理責任者のファンが、とても誇らしそうに説明をされていて、自社の商品に、心から自信とプライドを持っていらっしゃることが良く分かりました。

今までメールのやり取りだけだったヌリアやアナにもお会いし、グッと親近感が。オフィス内を通ると、皆さんが顔を上げ、笑顔で「Hola!(オラ:こんにちは)」と言って下さり社内の雰囲気がとっても良いのも印象的でした。
11時過ぎから約1時間ほど工場視察をした後始まったミーティングは18時半まで続きました。お昼も時間がもったいないからとボカディージョ(スペインのサンドウィッチ)とピザをかじりながら話し合いは続きました。終わった後、さすがにクタクタでしたが
ANETOブランドを日本に定着させ、夢をもってスペインの食文化も届けよう
というミッションを皆で再確認出来た1日でした。

スペイン出張vol.9「Cola-Cao発見!」 by Machiko

  
宿泊先のホテルで発見。Cola-Cao
スペインの子供たちはみんなCola-Caoを飲んで大きくなった!が謳い文句。
要はミロ。粉末状のチョコレートをお湯や牛乳で割って飲むチョコレートドリンクです。
子供だけでなく大人にも美味しいです。朝からホッとホット1杯。


トルティージャに生ハム、サラミにチーズ、フルーツもふんだん。スペインならでは朝食ビュッフェ。
エネルギーチャージしてANETO社に出発です。

スペイン出張vol.8「Machiko合流」by Machiko

 
Hola!Machikoです。
マサさんに遅れること10日。私もスペインに向けて出発しました。
前回行ったのが2010年の夏ですので、約2年ぶり。
乗り継ぎのパリ、シャルルドゴール空港にはPAULがありました。日本でもすっかりお馴染になり、我が街あざみ野にもあるので、日本を思い出したりして。何とも不思議な感じでした。
 
バルセロナに到着したのは、スペイン時間で16日午後9時。それでもまだこの明るさです。
空港には、真っ赤なアルファロメオがお出迎え。公私ともお世話になっているラケルの運転で、MASAさんとビジネスパートナーSr.MOTOさんが迎えに来て下さいました。
その後ANETO社のディレクターダニエルも合流し、乾杯をしました。
7/8に次男が1歳になり卒乳。そしてお酒解禁。
妊娠期間も合わせると約2年ぶりなので、カヴァ(スペインのスパークリングワイン)、そして白ワインをそれぞれ少しずつ。最高でした。
ラケルの御友人宅に泊まらせて頂く予定だったのですが、便利が良い方がいいからと急遽ダニエルが取って下さったスタイリッシュなスパニッシュホテルconfortelに入り、明日のミーティングに備えます。
Buenas noches!