蜂蝋キャンドル作り

  
今日のはちみつセミナーは、セミナールームを飛び出し、実習室で蜂蝋(はちろう)キャンドル作りをしました。松香先生の教え子の方も来て下さりご指導下さいました。
まずは、ディッピングキャンドルを作りました。
ディッピングキャンドルとは、融けた蝋(ろう)に芯をつけては出し、という作業を繰り返し、年輪のように太らせていくキャンドルのこと。
ろうが入った釜の中に、芯をつけては出し、つけては出し・・・30~40回繰り返すと、 
 なかなか腕が疲れました・・・
こんな蝋燭(ろうそく)が出来上がり。
その後には、蝋を型に入れて固めたクリスマスオーナメントも作りました。
 クリスマスまで大切に取っておきます
教員時代、子供たちが「明日の理科は実験だよ」と言うと大喜びをしていましたが、その気持ちが良くわかりました。
松香先生のご講義も勉強になりますが、やっぱり実習は楽しいです。


Speak Your Mind

*