第2回 グランジャポンスペインワインセミナー


昨日は、第2回スペインワインセミナーでした。
今回も、(株)キムラ代表取締役、木村恭之氏を広島から講師に迎えての貴重な講座でした。
第2回のテーマは「CAVA(カヴァ)」。
シンパティカさんの美味しいスペインタパスと共に5種類のカヴァを飲み比べる楽しい2時間でした。
CAVAは、スペインのカタルーニャ地方ペネデス地区で作られるスパークリングワインのこと。
初めて飲んだ時「あ~シャンパンか」と思いましたが、シャンパンというのは、フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのことであり、ビール、ワイン、シャンバンという分け方は間違いだそうです。
バルセロナの南西約40kmにあるペネデス地区は、フランスのシャンパーニュ地方とよく似た石灰岩の土壌のため、発泡ワインの生産に適しているといわれています。住んでいたSntffeliuから程近かったため、CAYAの製造工程も見学に行きました。家庭内手工業的に小さくやっている工場で、作業も手伝わせてもらいました。
「ワイン講座」と言っても、資格を取るもの、品評をするもの、等色々あるかと思います。
グランジャポンのワインセミナーは、スペイン好きで、スペインワイン好きな、木村氏が、熱く、楽しく、その奥深さを教えて下さいながら、これでもか、これでもかとスペインワインを頂けます。
また、各酒に合ったスペイン料理をシンパティカさんの池田さんご夫妻が心を込めて作って下さり、それも頂ける、そんな講座です。
スペインがお好きな方、スペインワイン、料理がお好きな方、そういう雰囲気がお好きな方、是非ご参加下さい。
次回は6/7月午後7時~テーマは「シェリー酒」です。


Speak Your Mind

*