第1回アカデミア

グランジャポンサロン2周年当日のメルカードの翌日は、第1回アカデミアを開催しました。スペインタイルを貼った植木鉢作りと春の寄せ植えワークショップ。

まずはスペインタイル工房ラ・マニータ佐藤朋子さんからスペインタイルについてのレクチャー。続いてトクゾウの徳光充子さんに苗について教わりながら苗選び。

 

さあ製作です。植木鉢にどんなスペインタイルを貼るのか、どのお花やハーブを植えるのか。組み合わせ。色選び。皆熱心です。

 

作った後はティータイム&作品発表会。タイトル、コンセプト、作った感想を1人ずつ発表しました。

 

ものづくりを楽しみながら学びもあるワークショップ。アカデミアのこだわりは「ちょっとうんちく」。

パッケージングされたキットをそのまま作るのではく、お手本通りに仕上げなくても良く。その人ならではの個性が出る、やりたい想いが表現でき、加えて、テーマや使用する素材の歴史や豆知識もちょっと知れる時間。そんな雰囲気を発信していきたいと思っています。

参加者様のお1人にカバン作家daizuさんがおられ、皆のリクエストにより、次回は、daizuさんが講師になって下さることに。楽しみです。詳細が決まりましたらまたご案内させて頂きます。

雨の中での開催となりましたが緑が映え、それもなかなか趣があり良かったな・・・と思ったのですがいかがでしたか。ご参加下さった皆様、ありがとうございました。(MACHIKO)