日本の文化の発信

 
スペインに居た時、いかに自国(日本)のことを知らないかを痛感しました。
私の母は、長く筝と三味線の教授をしており、その流れで私自身も一応名取になっているのですが、身近に和楽器のあるありがたさを知ったのは、最近です。
以前は、「親が和楽器に携わっているからって子供までやる必要はない!」と考えていました。
しかし、スペインに渡った際、出逢った人たちが和楽器に非常に興味をもったり、持参したDVDを食い入るように観ていたりしたことで考えが変わりました。
帰国してからは、お筝のお稽古も少しずつ真面目に練習するようになりました。また、お習字や茶道等、日本文化にも積極的に触れたいと思うようになりました。
今は、せっかく、和楽器が身近にある環境にいるなら、私にできることがあるのでは、と前向きに考えています。
小学校教員だったご縁で、小学校での鑑賞会や体験会の依頼を多く受けます。少しでも、和楽器を身近に感じてもらえたら。
今日も川崎市内の小学校へ行ってきました。


Speak Your Mind

*