常磐ハワイアンセンター「極上美食の饗宴」

先日開催されました、小笠原伯爵邸スペシャルディナー『美食の夕べ – Cena Gastrónomica』に続き、ジョセップ・バラオナ氏によるスペシャルディナーが常磐ハワイアンズセンターにて「極上美食の饗宴」が開催されました。
本イベントは2013年5月から始まり、フレンチ、和食、イタリアンなど、数々の「料理の巨匠」が福島産・いわき産食材を使った“フルコース料理”を提供する宿泊付き特別ディナーという内容です。
そして、今回2014年3月、最後となったのフルコース料理がジョセップ・バラオナ氏のスパニッシュコースとなりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場には、大きなプラズマテレビが2台設置され、ジョセップ・バラオナ氏、自らディナーで使われる食材を生産者さんの方と共にご紹介する映像が流れていました。
どの食材がどこで使われているか、食材の特徴などとても興味深く、美味しさだけではない楽しみがそこにありました。
素材を大切にしているANETO社のANETOパエリャスープもスープの素材について、もっとアピールするのが必要であることが一層実感した会でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAそれぞれの料理が会場に運び出されますと、野菜ソムリエの方が解説。福島・いわき産の色鮮やかな人参をご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前菜はもちろん、シェフご自慢の「ピンチョス(一口料理)」。なんと8種類、一列に並んで登場。食べるのもったいないくらい形、色、食材の数々が揃っていました。

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スープは冷たい「サルモレホ」。ガスパチョに似たトマトスープで、生ハムとパンに相性は抜群!ニンニクも効いて栄養満点な逸品。甘みのある福島県産のトマトを使用。

 

 

 

続けて、魚料理は「カジキマグロのアドボ(マリネ)」、米料理「地元野菜のカルドソ」と福島とスペインが合わさった料理が運ばれました。

デザートはカタルーOLYMPUS DIGITAL CAMERAニャ名物「クレマカタラナ」。ナッツが入ったアイスクリームがカスタードクリームの上に。福島県産の甘ーい「紅ほっぺ」が中に隠れていました。

 

 

 

 

最後シェフの方々と記念写真。ANETOスープを通してご縁があるジョセップ・バラオナ氏。今回も含め、数々のイベントで交流がありとても光栄です。
ディナー後はハワイアンズ施設内の焼き鳥屋で一杯。ジョセップ・バラオナ氏を囲みながら和気藹々とした時間は次の日、プールサイドでも続きました。
3月1日にスタートした『PAELLA LOVERS COLLECTION 2014』もお話の内容の一つ。早速お客様からパエリアの写真が届いております!
皆様ののご参加、スタッフ一同、心からお待ちしております!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『PAELLA LOVERS COLLECTION 2014』はANETOのCALDO(スープ)を使って作られたパエリャ・料理の写真を集めたお客様のお客様によるお客様のためのスナップコレクションです。詳しくはコチラ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇