大収穫の一日

 6種類のハーブの入った先生お手製のフレーバードティー
この間2009年がスタートしたと思っていたら、もう1月も終わりです。
今日はグランジャポンサロンでの紅茶教室MISTRALラブバレンタインティーレッスンラブ」でした。新しい生徒さんも見え、今年最初のレッスンにふさわしいフレッシュで新しい学びのあるひとときでした。
 
実習では、オリジナルのフレーバードティーを作りました。紅茶のニルギリに、好きなハーブをブレンドしました。ブレンドの際の約束は、
・3種類以上使うこと
・テーマを決めること
私は、シナモンとオレンジピールとクローブの3種類のハーブを入れ、
テーマは『3S』。
1.Spicy(スパイシーで)
2.Sweet(スウィートな)
3.Spring(春待ちバレンタインティー)
 2週間後寝かせてから頂きます
バレンタインデーの頃が飲み頃だそうです。開けたい気持ちを抑えて、あたためておきたいと思います。
今まで、フレーバードティーは買って飲むだけでしたが、こんなに手軽に作れるならば、これからは自分で作ろうと思いました。テ・コンミエルもHachikoブレンドで一工夫してみます。
帰り際、ある生徒さんがお持ちのBAGがとっても可愛かったので、お聞きしたらナント大好きなSpain、しかもBarcelonaのLUPOというブランドのものだとときめき。その方は、スペインでお買いになったそうですが、日本でも表参道ヒルズに直営店があるそうで、早速行ってみたいと思います。Abanico(日本語で扇)シリーズをお持ちだったんですが、本当に扇子のような形のとってもキュートなバッグ。
フレーバードティーの楽しさを知り、新しいスペインものを知り、大収穫の一日。


Speak Your Mind

*