告白


生まれて初めて外国の大学で授業を受けた時、一番驚いたのは生徒の積極性でした。わからないことは、どんどん質問していく、思ったことはバンバン発言していくその姿勢に忘れていた何かを呼び覚まされたような気がしました。子供の時はもっと能動的に一緒に授業に参加していたのに、すっかり受動的になっている自分に気付きました。
日本人が「何を考えているかわからない」といわれる所以はその辺りにもあるんだろうなとわが身を反省しました。
私に関して言えば、
「こんなこと聞いて大丈夫かな?」
とぐたぐだ考えているうちに次のテーマに移ってしまい聞きそびれたり
「今言ったことわからなかったけど・・・まあいいや。」
と流してしまったり。
ですが、ここ数年、日本人も変わってきたということを良く見聞きしますが、今回それを実感しました。
昨日第5回『創業塾』にてお話をさせて頂きました。その話の後の質疑応答が非常に積極的で、次から次へと質問をして頂いたのです。ただ私の話(人生)を(ヒトゴト)として聞いているのではなく、「どうしてなのか。自分だったら・・・」「なぜなのか。自分の場合は・・・」とご自身のことに置き換えて(ワガコト)として聞いてくださっている、だから問題意識が高まり疑問や思いが出てくるのだと思いました。
未熟ながら皆さんにとっての何かになれたらと思って必死で準備をしてきた身とするとこれほど嬉しいことはありませんでしたし私もまだまだだ頑張らねばと身の引き締まる思いでした。本当にありがとうございました。
それにしても昨日は朝5時に起きました。こういう時の暑苦しいほどの全力投球具合、張り切りようは自分でも悲しくなります。運動会当日の子供のようなハイテンション。受講者のどなたよりも先に到着してしまい。ああもう少しスマートに行動できたら良いのに・・・。
その上本当に大失態をしました。
講演後の質疑応答の中に、私のファッションをお褒め下さった方がいらして、それはもう嬉しくて、着用していたジャケットの値段までべらべらしゃべってしまったんですが、まあそれは良いのですが、そして全て終わり、ご機嫌に席に戻った後気付いたんです。
ズ、ズボンのチャックが開いている・・・。
あの、皆さん気付いていました?気付いてて笑いを堪えていました?
実は私別名「チャックHachiko」と言われてまして常習犯なんです。
今度は気付いたらそっと教えて下さい。
ああ!もうイヤッ~!


Speak Your Mind

*