利きシュトーレン

 一番人気は上から2番目。満場一致でした。
来週のクリスマスサロンで、卓上ミニアレンジメントの講師を務めて下さる先生の結晶admire(アドミレ)ご自宅サロン結晶にクリスマスリースを作りに行ってきました。
自分の背丈以上もあるクリスマスツリーツリーや、壁飾り、BGMに至るまでクリスマス一色ブーツ。まるで森林浴でもしているかのような部屋いっぱいのモミのかおりに包まれながら楽しくレッスンしましたリース
 出来上がったのがこちら。置き型として飾ってみました。
レッスンの合間には、ドイツの伝統的なクリスマスのお菓子、シュトーレンの食べ比べをさせて頂きました。
先生が、これを超えるものは未だない!とおっしゃるご自宅サロンの近くのパン屋さんのもの。遠くは神戸や奈良からお取り寄せしたものを計4種類。「シュトーレン」と一言で言ってもお味が全然違う。
自分の味覚の好みはあまり一般的な方ではなく、特にチーズなどは皆が顔をしかめるようなモノを好む傾向もあるのですが、今回のシュトーレンは、先生が絶賛したビゴというパン屋さんのものが断然一番美味しいと思いました。ドライフルーツがとても美味しく、伝統的なお菓子のなつかしい味がしました。
モノづくりに美味しいものがセットになったレッスン。楽しいです。グランジャポンサロンもそんな雰囲気にしたいな。今日は学ぶ側になり、また色々勉強になりました。


Speak Your Mind

*