ポーラン丼

 器は茶碗蒸し用でした。
在日ポーランド商工会議所主催の『ポーランドデーin東京クリスマス・パーティー』にお招き頂き、ウェスティンホテル東京へ行ってきました。
一帯が、すっかりクリスマス仕様になっていて、イルミネーションがとても素敵でした。この季節がまた来たな~という独特の雰囲気、空気です。
ポーランドとの関係は、ピーターさんがご縁です。
以前町田商工会議所主催の「若手経営者交流会」で、起業に当たっての自分の経験談をお話させて頂いた際、ポーランドから来日し、IT会社を立ち上げたピーターさんがもう1人の話者でした。
あれはいつだったかな・・・と思い、Hachiko通信を遡ってみたら、2005年2月、もう約5年も前です(こちら)。
読み返してみると、成長してないな~とも思うし、志は変わってないなとも思うし。
でもいずれにしても、その時出逢った方と、今もこうして良い関係でいさせて頂けていることがありがたく。ピーターさんは、今やポーランドと日本の架け橋として大活躍されています。
ポーランド大使のご挨拶もユーモアに溢れ、ショパンのピアノ演奏も素晴らしかったですが、私の中での本日の大ヒットは
『ポーラン丼』。
要は、ポーランド料理のお肉のトマト煮をご飯にのせているというものなのですが、
ポーランド+丼=ポーラン丼
等と、わざわざパワーポイントを使って、大スクリーンで、流暢な日本語で説明しているピーターさんが愉快で愉快で、これからもずっとお付き合いさせて頂きたいと思った次第です。


Speak Your Mind

*