ツーリズムEXPOジャパン2014

皆様こんにちは!

先週9月25日(木)~28日(日)、東京ビッグサイトにて、旅の大祭典「ツーリズムEXPOジャパン2014」が開催され、
マドリッド観光局のブースをアテンドいたしました!
当イベントでマドリッド観光局のアテンドを行うのは2年目となります。

今年は昨年に比べ、イベントスペースが広がり、出展者数と来場者数も過去最高となりました。
これは、「JATA旅博」と「旅フェア」が統合し、新しい旅のイベント「ツーリズムEXPOジャパン」へ生まれ変わったからです。

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出展する国や地域が趣向を凝らしたブースで旅気分を味わい、国内、海外の様々なステージパフォーマンスを楽しみ、会場にいながら旅行気分が味わえるイベントとなっています。

87

 

 

 

 

 

 

様々な国の料理が楽しめるようフードコートもホール内に設けているほか、エンターテイメントも充実しています。
ペインティングの体験、ダンスショー、キャラクターやマスコットとの記念写真、景品の抽選やスタンプラリー。大人から子供まで一日中楽しめる魅力的なイベントです!

さて、マドリッド観光局のブースはスペイン観光局の出店エリアにあります。このエリアにはマドリッドのほか、ガリシア、マラガ、レオン、アンダルシアなどスペイン各地のブースがありその地域の魅力をアピールしています。
地域のほかにも、サッカーチケット手配のブースや、スペインの唯一の大型百貨店「エル・コルテ・イングレース」のブースもあります。

43

 

 

 
旅行業界とプレスの方は木曜日の商談会と金曜日来場でき、一般の方は土曜日、日曜日来場と分けられています。
今年はマドリッドから担当者は来日せず、ブースと商談は任されていましたが、
偶然にも8月、マドリッドで担当者と打ち合わせはしていたので、昨年の改善点や質問についてお話をして今回に活かすことでき、とても良かったです。

6

ブースに立ち寄ったお客様の中で、多くの方がマドリッドに行ったことがあるのに驚きました。
しかしながら周遊ツアーで行かれた方が多く、マドリッドには1日か半日とプラド美術館しか見れないくらい短い期間だけです。
確かにマドリッドはバルセロナと違い、「サグラダ・ファミリア」のようなランドマークがないため、何を見ればよいのかわからないですね。
残念ながらマドリッドには「サグラダ・ファミリア」に値する建築物はありませんが、「スペインの原点ともいえるマヨール広場のテラスでタパスを友達と楽しむ時間」はマドリッドならではのもので、私にとっては世界遺産のようです。
是非、マドリッドへ行かれる時はゆっくり、目に見えないマドリッドの魅力を楽しんでいただけたら嬉しいです!(MASA)