スペイン出張vol.5 「闘牛場」 byMASA


いよいよバルセロナへ向かう日がやってきました。


今日で牛追い祭りとお別れです。


電車は午後に出発し、夜にはバルセロナに到着する予定です。


 


前日に荷造りを終え、明け方に闘牛場へ行きました。


闘牛場は「牛追い」のゴール地点であり、大勢の人たちを受け入れてくれる場所でもあるので、その場所を選びました。入場は無料で、到着したころには案の定、全席人で埋め尽くされていました。昨日と比べ、とても楽な姿勢で前方を見渡せることができたので立ち見でも私は満足でした。



                        P1040041.JPG


両脇にテレビパネルが設置されており、観客は皆いつ牛追いが始まるかチェックできます。スタートを切ると地元の人は叫びながら騒ぎ、観光客はカメラを構えます(私は残念ながら後者の方でした)。



徐々にランナーが闘牛場にゴールインし、ブーイングの嵐が起こります。「エンシエロ」では上位は不名誉です。雄牛との距離が開きすぎている証拠です。



2分後に入場するランナーたちはかなり必死な表情をしていて、闘牛場に入りきらないと思うくらいの数でした。


                   


雄牛が入ってくる瞬間がクライマックスです。とがった角を生やした黒い筋肉の塊が次々と入ってきます、体重はおよそ600キロ、突進されたら一溜まりもありません。



雄牛はゴールインと同時にアリーナから別の場所へ移動されます。その後、バキージャ(若い雄牛)が投入され、ランナー達に突進し、観客を楽しませてくれます。



最終的に本物の牛追いが見られて、やっとパンプローナに住んでいたと言える感じがしました。




Speak Your Mind

*