ジョルディ・ラバンダ

  モーツアルトのオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」がテーマ
スペイン国営セルバンテス文化センターで開催された第4回ガリシアデーに参加してきました。
キリスト教の聖地であるスペインガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路(おもにフランス各地からピレネー山脈を経由しスペイン北部を通る道を指す)を歩く巡礼の旅の案内や、スペイン料理やワインでの懇親会で楽しみました。
来年グランジャポンサロンで開催するスペインワイン講座の講師をして下さる方のご紹介で、打ち合わせ方々伺った会でしたが、新しい収穫もありました。
会場となったセンター内で開催されていた展覧会。ジョルディ・ラバンダというスペイン在住のイラストレーターの作品展だったのですが、小粋なムードと色合いがとっても素敵で、大好きなテイスト。
新たにスペインの風を発見。雑貨や、服飾関係のグッズもあるようなので、色々調べてみようと思います。


Speak Your Mind

*