サン・ジョルディの日に「コラカオ」の香り

Feliz dia de Sant Jordi!
本日4月23日は「サン・ジョルディの日」です!

IMG_6685

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
「サン・ジョルディ」とはスペイン・カタルーニャ自治州の守護聖人のお祭りです。
前回のブログでもお伝えしました通り、この日に男性は女性にバラをプレゼントし、女性は本をプレゼントします。
また、世界的に「世界図書・著作権デー」となっています。

そして、日本10152604_584769918286542_3269630730779391194_nIMG_6646も「サン・ジョルディの日」は開催されています!
スペイン国営「セルバンテス文化センター」で先日の土曜日に開催され、プログラムの中の「チョコレートレクチャー」では「コラカオ」がご紹介されました!

レクチャーではチョコレートの歴史や発祥の地に関して日本においてのスペイン料理第一人者、ジョセップ・バラオナ氏がお話をしました。
チョコレートの語源が「xococ(苦い)」「atl(水)」という意味を持っていることや、バルセロナの港は盛んだったため、カカオが輸入しやすくチョコレート工場が多かったことなど、とても興味深く、私も思わず観客の一人に。

終盤には「カベスードス(大頭)」のお二人さんが登場。なんと手には「コラカオ」を!あっという間になくなりました。カベスードスとは頭の大きいな上半身だけの人形で、スペイン北部のイベントには欠かせないキャラクターです。

IMG_6683IMG_6686

 

 

 

 

 

 

会場にはほかにも風船で「エスパーダ(剣)」を作るコーナーや紙で「ロサ(バラ)」を作るコーナーもあり、こどもに人気のイベントがたくさん!

10153783_584769951619872_2366758057402016644_n

 

 

 

 

 

 

日本では「子供読書の日」でもあるので読み聞かせは欠かせません。こちらはスペイン語と日本語、同時にお話し。

また、函館蔦谷さんでも「サン・ジョルディ」を開催していました!

IMG_6680IMG_6682

 

 

 

 

 

 

スペインのローカルなお祭り、サン・ジョルディ。
今後はどのような、日本ではまだ知られていないスペインのイベントに出会えるか楽しみですね!(MASA)