サヌカイト

 風鈴のような、木琴のようなフシギな音色です
グランジャポンサロンでもお世話になっているボリビア人のハイメ先生が関内に開校した、「ラテン文化センター横浜」のオープニングパーティーにお祝いに行ってきました。
1/24土はボリビアの魔法の日。
この日は「エケーコ」という神様が夢を叶えてくれる日で、その夢は、「素敵な人生が送れますように」といった漠然としたものではなく、家が欲しい、とか、車が欲しい、とか具体的なものでなければいけません。
そして、もし、「お金持ちになりたい」だったらお金、「頭脳明晰になりたい」だったら本等、夢を叶えるためのアイテムのミニチュアを、エケーコの神様にお供えすると叶うという愉快な祝日です。ありとあらゆるミニチュアの出店が道々に出ているお祝いの日のボリビアの写真も見せて頂き、お国によって色々なお祝いがあって面白いものだと思いました。
みんなで自分の夢を書き合いました。
私の夢は
「スペイン語が不自由なく話せるようになりますように・・・」ミニチュアは、「教えるのが上手なスペイン語の先生」。まずは自分の努力が大いに必要です・・・
そしてメインイベントは小松玲子さんの演奏。
サヌカイトという讃岐岩で作られた楽器での演奏。生まれて初めて見て、音色も聴きましたが、どこか懐かしくとても幻想的でした。
ニューイヤーサロンの前夜でバタバタしていましたが、センターの開校の喜びにあふれているハイメ先生を見て、伺って良かったと思いました。


Speak Your Mind

*