グランジャポンインタビュー《第1回  松香 光夫先生》

 松香光夫先生とワタリウム美術館エントランスにて
日本で買えるのはここだけ。グランジャポンでこの春より発売をスタートした液だれ0パーセントのスパニッシュハニー『ミエル』。皆様もうお試し頂けましたか。
私は、このミツバチからの贈り物《はちみつ》のことをもっと知りたいと思い、日本のミツバチ研究の権威、玉川大学客員教授松香光夫先生に御連絡したところ、快諾下さり、東京都渋谷区にあるワタリウム美術館にご招待頂き早速行って参りました。
現在植物『ファブリス・イベール~たねを育てる展~』植物が開催中で(~8月31日(日)まで)、館内は実際に観察巣箱を使ってミツバチの生態観察ができるようになっており、松香先生が、このミツバチゾーンを監修されています。 
 
 
実際にミツバチの行動が見える観察巣箱を前に、先生に教えて頂きながらミツバチやミツバチから採取されるはちみつ、そして、はちみつを人々の美容や健康に役立てる『アピセラピー』の勉強をしてきました。
巣箱のハチ達を見て、初めはしり込みしましたが、徐々に可愛く見えてくるので不思議なものです。
先生に教えて頂いた内容をHachiko通信にて次回から3回シリーズでお届けします。お楽しみに。


Speak Your Mind

*