オープニングイベント終了

  
グランジャポンオフィス&アカデミア
『マチコミュニティサロン』オープニングイベント
最終日は・・・
「今年のクリスマスはスペインタイルで華やかに」。17名の参加者の皆様にスペインタイルを楽しんでいただきました。
スペインタイルの歴史は古く8世紀までさかのぼるそうです。
スペインのあるイベリア半島南部に、ムーア人と呼ばれるアフリカ北岸のイスラム教徒が侵入。その後700年もの間この地を支配しました。
その間、美しい織物や多彩な陶器など非常に高度な技術を使った多くのイスラム文化がこの地に伝えられ、王宮やイスラム寺院の壁面は美しいタイルで飾られました。
そしてこの陶器やタイルは13世紀からスペイン南部のマラガで模倣されるようになり、その技術はイタリア→オランダ→イギリス→ポルトガルと伝わり、ヨーロッパ中でこのタイル文化は一気に広がって行きました。
やがて王宮を飾っていた高価なモザイクタイルに代わって、容易にしかも安価にタイル装飾の効果をあらわすクエルダセカタイルがこの国に伝わったことから、一般庶民の家にもタイルを貼ることができるようになりました。
今では町の至るところでこれらの美しいタイルに出会うことができます(引用元:ラ*マニータWEBサイト)
本当にスペインの街を歩いていると至る所にタイルが飾られています。家の壁、表札・・・。ちょっと斜めになっていたりしてそんな大雑把なところもまたスペインらしくて好きです。
次回のレッスンは『スペインタイルで干支飾り』(写真右)。ぜひご参加下さい。干支飾りのとなりに一緒に飾れるような素敵なおまけおはな(by美恵子先生)がつきそうですよ。お申し込みはこちらから。
今回オープニングイベントにご参加下さった方々からのメールを嬉しく拝見しています。
『本日はスペインタイルのレッスン、美味しい紅茶ともに楽しく素敵な時間を過ごすことができました^^ どうもお世話になりました。 姉と共にすっかりスペインに魅せられてしまいました☆また来月のワークショップを楽しみにしています!』
次回は12月17日(日)クリスマスにぴったりな簡単スペイン料理レッスンにご参加くださるそうです。お待ちしています。
私もスペインに魅せられた一人です。私の知っているスペインもほんのほんの一部ですが、それを伝えられたら嬉しいです。と同時に、日本人として、日本の伝統や文化を学び、それらを融合していく中でグランジャポンスタイルを作っていけたら良いなと思っています。
今回のオープニングイベント時は思いがけないマンション大補修工事で、皆様に大変ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。それにも関わらず沢山の皆様に足をお運び頂き笑顔と勇気を頂きましたことに心から感謝申し上げます。いつか恩返しができるように頑張っていこうと思っていますのでこれからも末永くよろしくお願い致します。12月の頭には工事も終わりグランジャポンオフィス&アカデミアの全貌をお見せできると思いますので、次回のまちコミをお楽しみに♪


Speak Your Mind

*