なつかしのビッチーカタラン

 私にとっての炭酸水の母
私は炭酸水が大好きなのですが、その味はスペインで覚えました。
日本ではレストランに入ればたいてい「いらっしゃいませ~」と同時にお水がサービスで出てきますが、スペインでは出てきません。
日本だとアルコールを飲む場合以外「お水があるから特に飲み物はいいや」みたいなことも多いですが、スペインでは違います。「いらっしゃいませ~」のサービスのお水はないので、「何飲みますか?」的な必須な感じで、メニューも出さずに聞かれることが多いです。ランチメニューにも必ず飲み物はセットになっています。
コーラとか、オレンジジュースとかビールとかワインとかそういったものと同列にAgua(アグア)、つまりお水もあります。
そしてそのお水の中にも
Agua con gas(アグアコンガス:ガス入り水)つまり炭酸水と
Agua sin gas(アグアシンガス:ガスなし水)つまりミネラルウォーターがあります。
何となく「ただの水にお金払うのもな~」という感覚でAgua con Gas(アグア コン ガス)を頼んで飲んだのがきっかけで、大好きになりました。
私のいたバルセロナでは、バルセロナのあるカタルーニャ州生まれのVICHY CATALAN(ビッチーカタラン)が最も一般的でした。硬水のため水道水も飲まないので、ビッチーカタランをダース買いして水代わりに飲んでいました。
日本に帰ってきて、引き続き炭酸水を飲むのですが、ビッチーカタランを飲んだ時のような感動はなくて。でも、ビッチーカタランは売っていなくて。
そうしたら!今日、商談に伺った会社様でビッチーカタランを置いていて、早速頂きました。やっぱり美味しい~ときめき喉ごしがすっきりしているからか、スペイン贔屓だからなのか。いずれにしても久しぶりのビッチーカタランの味に感動しました。
これでまた、この味を楽しむことができるわと嬉しいです。そしてまた、皆様にも味わって頂けるよう、グランジャポンネットショップでも販売したいと思います。


Speak Your Mind

*