ちょっとのひと手間

 カフェオレロールにはキャラメルクリームを間に挟んで。絶品
昨日は毎回楽しみにしているパン教室の日でしたラブ
ダッチブレンドとカフェオレロールを作りました。
 外がカリッカリ、中しっとりのダッチブレンド
サイドメニューとしてスナップえんどうや空豆、春キャベツを使った春野菜のサラダを。
 新たまねぎやホワイトアスパラも入ってます
そして食後には先生手作りの苺のムーストルテ。
 いちごだけでこんな綺麗な桜色に
「娘のお友達が遊びに来た時にも作って、まじやばい。超美味しいって言われたのよ~」
とおっしゃりながら切り分けて下さり、どれどれ頂いてみると・・・
まじやばい!超美味しい~ときめき
先生のパンやお料理やお菓子がなぜこんなにおいしいかにはたくさんの理由があるのですが
パンの外に入れるくるみは火に当たるのでそのまま入れてもOK、中に入れるくるみは火に当たらないので事前にローストする
とか
サラダに入れるゆで卵は白身と黄身に分け、白身は中に入れ、黄身は裏ごししてサラダの上からトッピングして彩りにする
などのちょっとしたひと手間を惜しまないことがその一つだと思います。
そのひと手間で香ばしさが増したり、簡単サラダがおもてなしの一品に変身したりします。
このことはパンやお料理作りにとどまらず、暮らし方にも言えてるなと、「豊かさ」ってこういうところにあるのではないかなと思います。先生のようにそういうことを楽しく、さりげなくできるようになりたいです。


Speak Your Mind

*